Saturday, July 31, 2010

iPhone (iOS4)でMMS以外の3G通信を潰す


そもそもなんでこんなことをしたいのかといえば、SBM回線を二つ持っていて片方は最低料金で運用したいから。
3Gは一個あればNexus OneのWiFiテザリングで十分なのです。

iPhone4はまだJBできてないのでそんなことが出来るのかわからなかったけど、一応できたのでメモ。

1. バックアップをとる
2. バックアップのSystemConfiguration/preferences.plistを編集する
3. APN設定(smile.world)のAvailableを0に

4. 編集したバックアップをリストアする

バックアップの編集はiBackupBot for iTunesなどが便利

本来type-maskをいじればいいのだろうけど、いじっても反映されなかった。(signatureのせい?)

ちなみに、このエントリのAvailableを0にするというのは、Jailbreakで利用出来るEDGE OFFと同義です。

8 comments:

Anonymous said...

この方法でMMS以外は全く課金されないのでしょうか?

takuo said...

さぁ。わかりません。

Anonymous said...

3GSでもできました。コレサイコーです。ありがとうございます。

Anonymous said...

はじめまして。
こちらの方法を参考にして、自分の3GSで実行してみたところ、
Safariでの接続がエラーになるのを確認しました。
暫くこの状態で様子見してみようかと思います。
有益な情報をありがとうございました。

takuo said...

何の通信で使われているのかはわかりませんが、1日150円分くらい漏れてる気がしますので過信はしないことですね。

nokia6650 said...

アドバイスありがとうございます。最低1000円はパケット代がかかりますので気にならない感じです。

takuo said...

当方の調べによると、
・プッシュ通知サービス(Apple Push Notification Service)
・Exchangeのプッシュサービス
はWiFiにつながっていようが、強制的にモバイルネットワークを利用するようです。
またAPNsのほうは設定でオフになっていても通信が発生します。

最低料金を維持するにはExchangeのプッシュはオフにしたほうがいいかもしれません。

nokia6650 said...

位置情報取得の為の通信ではないですかね?